利用規約

この規約は、クラロワン研究所運営事務局(以下「事務局」といいます)が企画・運営すクラロワン研究所のご利用にあたって、利用規約(以下「本規約」といいます)を定めたものですクラロワン研究所の利用にあたっては、本規約に必ずご同意ください。 ユーザーが、クラロワン研究所に登録した場合は、本規約の全ての記載内容について同意したものとみなされます。

第1条 規約

  1. ユーザーは本規約等に従い、クラロワン研究所を利用するものとします。また、ユーザーが本規約等に同意しない場合は、速やかにクラロワン研究所の利用を終了するものとします。

第2条 利用登録等

  1. ユーザーがクラロワン研究所を利用するには、クラロワン研究所にて登録するものとします。なお、別途事務局が定めた場合にはクラロワン研究所においてニックネーム、メールアドレス、パスワード等の登録、又は事務局が指定する第三者の発行するID及びパスワードを求められることがあります。
  2. 事務局は、クラロワン研究所を利用するにあたり登録した情報(以下「登録情報」といいます)が以下に該当すると判断した場合、当該ユーザーによる登録を承認しないこと、当該登録を削除すること又は事務局が適切と判断する措置を講ずることがあります。
  3. 登録情報が第三者に嫌悪感を与える等の公序良俗に反する表現を含んでいる場合
  4. 本規約等に違反したことがある者からの利用登録である場合
  5. 本規約等に違反したことがある者からの招待による利用登録である場合
  6. 第三者になりすますことを目的としている場合
  7. 事務局の判断により、新規の利用を制限している場合
  8. 前各号以外で、事務局が不適切な利用であると判断する場合
  9. 前項の届出がないことによって、第三者が不利益又は損害を被った場合は、当該ユーザーがその損害を賠償するものとします。
  10. 事務局は、クラロワン研究所への最終アクセス日時から一定期間が経過しているユーザーの登録を、事務局の判断でユーザーに通知することなく削除出来るものとします。

第3条 登録情報

  1. ユーザーは、登録情報について、自己の責任の下、登録及び管理するものとします。
  2. 事務局は、ユーザーが登録情報を失念、削除、不正確又は虚偽であったためにユーザーが被った不利益及び損害に関して、責任を負わないものとします。
  3. ユーザーは、事務局の事前の同意なく登録情報を第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買、質入等をすることはできません。
  4. 事務局は、登録情報によってクラロワン研究所の利用があった場合、利用登録を行ったユーザー本人が利用したものと扱うことができ、当該利用によって生じた結果、コンテンツの使用等の一切の責任については、利用登録を行ったユーザー本人に帰属するものとします。
  5. ユーザーによる登録情報の管理が不十分であったために第三者が登録情報を不正使用した場合、ユーザーに不利益又は損害が生じても、事務局は責任を負わないものとします。
  6. 前項の第三者の不正使用により、事務局又は第三者に損害が生じた場合、ユーザーは事務局及び損害を被った第三者に対し、損害を賠償するものとします。
  7. ユーザーは、登録情報を第三者に不正に使用される可能性がある場合は、速やかに事務局に通知するものとします。

第4条 クラロワン研究所の修正等

  1. 事務局は、事務局の都合により、ユーザーに通知することなく、いつでも任意の理由でクラロワン研究所について修正、追加、変更、中断、終了、運営を第三者に委託、又はクラロワン研究所を第三者に譲渡することができます。この場合、ユーザーに発生した損害について、事務局は一切の責任を負わないものとします。

第5条 個人情報について

  1. 事務局は、ユーザーから取得した個人情報の保護に最大限の注意を払います。
  2. クラロワン研究所において、事務局が複数のユーザー間でメッセージの投稿又は掲示板への投稿を行う機能を設定した場合、ユーザー自身が投稿した個人情報、又は他のユーザーが投稿した当該ユーザーに関する個人情報が、他のユーザー又は第三者に知られることとなり、また利用されることになったとしても、事務局は一切の責任を負いません。
  3. 事務局は、ユーザーの個人情報を以下の目的で利用することができるものとし、ユーザーはあらかじめこれに同意するものとします。
  4. 本人確認のため
  5. アイテムの付与のため
  6. アフターサービス、問い合わせのため
  7. クラロワン研究所に関するお知らせ、その他の事務局のサービスに関する情報の提供のため
  8. 第三者の商品又はサービスに関する広告を提供するため
  9. アンケート、懸賞、キャンペーンの実施のため
  10. マーケティング調査、統計、分析のため
  11. 規約、条件、ポリシーの変更等の通知を連絡するため
  12. その他事務局が運営する各サービスにおいて定める目的のため
  13. 事務局は、個人情報の取扱い業務の一部を他社に委託する場合があります。
  14. 事務局は、以下の場合には、ユーザーの個人情報を第三者に提供することができるものとし、ユーザーは予めこれに同意するものとします。
  15. 個人情報の開示、利用についてユーザーの同意がある場合
  16. ユーザーが希望するサービスを提供するために、第三者に対し個人情報の開示が必要と認められる場合
  17. 事務局又は第三者の広告、サービス等に関する情報を、ユーザーに送信する場合
  18. クラロワン研究所の向上、事務局の事業開発、マーケティング等の目的で登録情報を集計又は分析等する場合
  19. 個人情報の取扱業務を他社に委託する場合
  20. 裁判所、検察庁、警察又はこれらに準ずる権限を有する公的機関から正当に開示を求められた場合
  21. 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
  22. 人の生命、身体及び財産等に対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合
  23. 公衆衛生の向上又は青少年の健全な育成の推進のために特に必要がある場合
  24. 合併、営業譲渡その他の事由による事業の承継の際に、事業を承継する者に対して開示する場合
  25. 事務局は、個人情報を、個人情報保護管理者の統括の下、管理します。
  26. ユーザーは、個人情報に関する利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止、消去又は第三者への提供停止の請求を個人情報保護方針に記載された方法によりおこなうことができます。
  27. 個人情報の登録は任意ですが必要な個人情報を登録頂けない場合は、クラロワン研究所の利用に支障が発生する場合があります。
  28. その他、事務局のプライバシーに対する考え方の詳細については、 プライバシーポリシーを参照してください。

第6条 同意事項

  1. 事務局は、クラロワン研究所に事務局又は第三者の広告を掲載することができるものとし、ユーザーはこれに同意するものとします。
  2. 事務局は、ユーザーの青少年の健全な利用を推進、ユーザーの第9条の禁止行為等本規約の遵守状況の確認及びクラロワン研究所の改善、向上を目的として、ユーザーが投稿した情報全て(以下、「投稿情報」といいます)の内容を閲覧及び記録をすることができるものとし、ユーザーはこれに同意するものとします。
  3. 事務局は、投稿情報の内容を確認し、法令・利用規約・公序良俗等に反する、青少年の健全な利用に反する又はその他不適切な利用であると事務局が判断した場合には、ユーザー又は第三者が当該投稿情報等の内容を閲覧する前か否かに関わらず、当該投稿情報等の全部若しくは一部を削除、停止、あるいは裁判所・警察等の公的機関に開示・提供する等の事務局が適切と判断する措置を行うことができるものとし、ユーザーはこれに同意するものとします。
  4. 事務局は、本条第2項の目的の実現のために、投稿情報の内容を、個人を特定する情報を削除し、機密保持契約を締結した上で、業務提携している会社及び監視会社等に内容を公開することができるものとし、ユーザーはこれに同意するものとします。
  5. 事務局は、ユーザーがクラロワン研究所のリンク等を通じて事務局以外のサービスを利用する場合には、ユーザーの責任で利用するものとし、ユーザーはこれに同意するものとします。
  6. 事務局は、ユーザーがクラロワン研究所及びクラロワン研究所によって表示される広告等を閲覧、利用等したことによって得られた個人を特定しない情報を集計、分析し、その結果を、事務局、広告をクラロワン研究所に提供している第三者及び事務局と業務提携している会社の事業開発、マーケティング、クラロワン研究所の改善・向上等の目的で利用することに、ユーザーは同意するものとします。
  7. ユーザーが、クラロワン研究所を利用することにより、事務局又は他のユーザー等の第三者に対し損害を与えた場合、 ユーザーは自己の費用と責任において生じた損害の一切を賠償する必要があることに予め同意するものとします。
  8. ユーザーは、ユーザーがクラロワン研究所参加時のスマートフォン等のデバイスを使用して録画、撮影、記録等したデータを、事務局が不特定多数のユーザーが視聴、保存、送信、投稿、公開、共有、複製、二次創作等自由に利用するために提供できることに同意するものとする。
  9. ユーザーは、事務局が、前項のデータをクラロワン研究所の不正対策防止、クラロワン研究所の広告、コミュニティ、その他事務局が運営するサービスにて利用することができることに同意するものとする。
  10. ユーザーは、クラロワン研究所のレギュレーション、注意事項、運用等の一切が事務局の判断で変更されることに同意するものとします。

第7条 禁止行為

  1. ユーザーは、以下の行為又はそのおそれがある行為を行ってはならないものとします。
  2. 法令又は公序良俗に反する行為
  3. 犯罪行為の全部又は一部をなす行為
  4. 暴力的、グロテスク、その他一般的に不快を感ずる文章、画像、図画、イメージ、その他の表現及び情報等の投稿する行為
  5. ストーキング行為を行う等の第三者に対する嫌がらせ行為
  6. 他のユーザー又は第三者を差別もしくは誹謗中傷し、又はその信用、名誉、プライバシー権、肖像権その他一切の権利を侵害する行為
  7. 事務局又は第三者の特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、技術上もしくは営業上のノウハウその他の権利、又はこれらの権利に基づく実施権等の権利を侵害する行為
  8. 他のユーザー又は第三者の個人情報を投稿又は掲載する行為
  9. わいせつな表現、アダルト画像・図画、又は露出度の高い画像・図画を投稿する行為
  10. アダルトサイト、出会い系サイト、年齢制限を有するサイト等への誘導、リンクさせる行為
  11. 政治的活動、宗教活動、宗教団体への勧誘する行為
  12. 異性交際を求める/求めに応じる等の不適切な交際を促進する行為
  13. 登録情報において、実在する第三者の人物・団体名などを登録する行為
  14. 他のユーザー又は第三者になりすましてクラロワン研究所を利用する行為
  15. 1つのユーザー資格を複数人で利用する/1人で複数のユーザー資格を保有する行為
  16. クラロワン研究所を事務局の許可なく商用利用する行為
  17. 連鎖講(マルチ商法、ねずみ講、マルチまがい商法)などに類する勧誘・取引行為
  18. クラロワン研究所内のコンテンツ、クラロワン研究所内の機能、クラロワン研究所内の機能の操作、その他クラロワン研究所に関する一切の事由について、現実の通貨で売買する行為
  19. クラロワン研究所のサーバー又はネットワークに著しく負荷をかける行為
  20. チートツール、BOT、その他の技術を利用してクラロワン研究所を不正に操作する行為
  21. クラロワン研究所に発生した不具合を意図的に利用する行為
  22. ジェイルブレイク等、端末に対して改変を行った状態でのクラロワン研究所へのアクセス行為
  23. クラロワン研究所の全部又は一部を複製もしくは改変する行為、又は逆コンパイル等のリバースエンジニアリングをする行為
  24. クラロワン研究所を第三者に再配布する行為
  25. クラロワン研究所に関するウェブサイト上の情報を改ざん、又は消去する行為
  26. 無差別にメール送信、コミュニティ参加依頼、メッセージ投稿する行為
  27. 他のユーザー又は第三者をコンピューター・ウイルスに感染させる行為
  28. クラロワン研究所で事務局が予定していない何らかの方法で勝敗に影響を与える行為
  29. その他クラロワン研究所にて事務局が不正と判断する行為
  30. その他事務局が不適切と判断する行為
  31. 事務局は、ユーザーが前項各号の行為を行った又は本規約に違反した場合、当該ユーザーのクラロワン研究所の利用制限、利用停止、利用禁止、投稿情報の削除、登録情報の削除等の事務局が適切と判断する措置を行うことができるものとします。
  32. 事務局は、本条第1項各号の行為をユーザーが行うこと、又は受けることによって、他のユーザー又は第三者との間でトラブルが生じた場合、当該ユーザーは、自己の責任と費用においてこれを解決し、事務局は一切の責任を負わないものとします。この場合において、事務局又は第三者が何らかの損害を被ったときは、当該ユーザーは事務局及び当該第三者に対して損害の賠償をしなければならないものとします。

第8条 免責事項

  1. ユーザーは、自己責任においてクラロワン研究所を利用するものとします。事務局は、クラロワン研究所を利用してなされた一切の行為及びその結果について一切の責任を負わないものとします。
  2. ユーザーは、ユーザー自身の責任においてクラロワン研究所の更新データのインストール、ダウンロード等を行うものとします。事務局は、ユーザーがクラロワン研究所に関する更新データのインストール、ダウンロード等を行い、又は行わなかったことに関する一切の行為及びその結果について一切の責任を負わないものとします。
  3. 事務局は、クラロワン研究所に関する保守、機能修正、バグ等の補修、ユーザーの技術的サポート等について、一切の責任を負わないものとします。
  4. 事務局は、ユーザーによるクラロワン研究所の不正利用又は不適切な利用について監視する義務を負わないものとします。
  5. 事務局は、クラロワン研究所及びクラロワン研究所に関連して提供されるデータについて、完全性、正確性、信頼性、有用性、合法性、道徳性等に関する保証を含め、一切の責任を負わないものとします。
  6. クラロワン研究所上にて掲載された広告の内容はすべて広告主が責任を負い、クラロワン研究所上もしくは遷移先問わず当該内容について真偽の判断はユーザーの自己責任において行うものとし、事務局はそれによって生じた事項について、一切の責任を負わないものとします。
  7. 事務局は、クラロワン研究所及び提携先又は広告主等を含む第三者のウェブサイトからのダウンロードやコンピューター・ウイルス感染等により発生した損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。
  8. 事務局は、クラロワン研究所に関するシステム障害、通信障害、停電、火災、自然災害、戦争、内乱、暴動、労働争議等の発生によりクラロワン研究所の正常な運営が不能となった場合であっても、それによってユーザーに生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。

第9条 ユーザー間等のトラブル

  1. ユーザー間で生じたトラブルについては、ユーザーは自己の責任で解決しなければならず、事務局はこれらのトラブルに関して、一切の責任を負いません。

第10条 知的財産権の帰属

  1. クラロワン研究所に関する特許権、実用新案権、意匠権、著作権等(著作権法第27条及び第28条に規定する権利を含む。以下本条において総称して「知的財産権」といいます)は、事務局又は正当な権利を有する第三者に帰属します。
  2. ユーザー自身がクラロワン研究所内に投稿・公開したコメント、テキスト、画像等(以下、「画像等」といいます。)についての知的財産権は当該ユーザーに帰属しますが、それが一般のユーザーにも閲覧可能な状態で公開されている場合、事務局はこれを当該ユーザーの許諾なく事務局が定める目的のために使用できるものとします。

第11条 コンテンツ

  1. ユーザーは、各クラロワン研究所内で定められた範囲でコンテンツを利用する権利を一身専属的に付与されるものであり、保有するコンテンツを他のユーザー又は第三者に譲渡、配布、換金、質入等することはできないものとします。
  2. 事務局及び開発者は、コンテンツを利用する期限を別途設定することができるものとします。尚、当該期限を経過したコンテンツは、自動的に消滅します。
  3. 事務局及び開発者は、コンテンツを付与した後に、本規約違反、システムエラー、ロジックミス、人為的なミス、不正取得によって付与される等、事務局が取消することが適当と判断した場合には、当該付与の利用の停止、取消をすることができます。
  4. 事務局及び開発者は、不正な方法によってコンテンツを取得又は利用したユーザーに対し、開発者又は事務局が負った損害に対し損害賠償請求することができるものとします。
  5. 事務局は、ユーザーがクラロワン研究所を使用する端末を紛失、故障、変更した場合に、コンテンツを引き継げないとしても一切責任を負わないものとします。

第12条 ユーザーへの通知

  1. 事務局からの通知を、クラロワン研究所上に表示することにより行う場合は、事務局がクラロワン研究所上に通知を表示したときに、ユーザーに通知が到達したものとみなします。
  2. 事務局からの通知を、事務局に登録されたメールアドレス等に送信することにより行う場合は、通常到達すべきときに、ユーザーに通知が到達したものとみなします。
  3. 事務局からの通知を、クラロワン研究所のチャット機能又はプッシュ通知により行う場合は、通常到達すべきときに、ユーザーに通知が到達したものとみなします。

第13条 権利義務の譲渡の禁止

  1. ユーザーは、クラロワン研究所に関するユーザー資格、ユーザー資格に基づく権利義務の一切を、第三者に譲渡し又は担保に供してはならないものとします。

第14条 利用停止等

  1. 事務局は、以下の各号に掲げる場合は、ユーザーに事前に通知又は催告することなく、クラロワン研究所の利用制限、又は利用停止させることができるものとします。
  2. 事務局が別途定める期間クラロワン研究所を利用しなかった場合
  3. ユーザーによるクラロワン研究所を含む事務局のサービスの利用に関し他のユーザー又は第三者から事務局にクレーム、請求等がなされ、かつ事務局が必要と認めた場合
  4. ユーザーが反社会勢力に該当しもしくは該当していたことが判明した場合
  5. クラロワン研究所の保守のために必要な場合
  6. クラロワン研究所のシステムに不具合があった場合
  7. その他本規約等に違反する行為があった場合
  8. 事務局はユーザーに対して、前項の措置を講じた理由を開示する義務を負わないものとします。
  9. ユーザーが第1項各号(第1号、第5号、第6号を除く)のいずれかに該当することにより事務局が損害を被った場合、事務局は当該ユーザーに対して損害の賠償を請求できるものとします。

第15条 利用終了

  1. 事務局は、ユーザーが利用を終了した場合、そのユーザーの利用履歴、投稿情報、登録情報、個人情報等のデータ等を引き続き保有する義務はないものとします。
  2. ユーザーが自らの意志による利用を終了した場合でも、本規約等に同意していることには変更はなく、規約は適用されるものとします。

第16条 規約の改定について

  1. 事務局は、ユーザーの了解を得ることなく本規約等を変更できるものとします。この場合、事務局が別途定める場合を除き、変更後の規約はクラロワン研究所上に表示した時点より効力を生じるものとします。

第17条 本規約の有効性

  1. 本規約が消費者契約法に定める消費者契約に該当する場合には、本規約のうち、事務局の損害賠償責任を完全に免責する規定は適用されないものとします。
  2. 事務局は、前項において、ユーザーに発生した損害が債務不履行又は不法行為に基づくときは、当該ユーザーが直接かつ現実に被った損害を上限として、当該ユーザーから受領した料金の範囲で損害賠償責任を負い、特別損害については責任を負わないものとします。
  3. 本規約が法令に違反する場合、本規約のうち法令に違反する条項のみが無効であり、その他の条項は有効に存続するものとします。
  4. 本規約が特定のユーザーとのあいだで、一部無効、もしくは取り消しになった場合でも、本規約は他のユーザーとの関係では有効であるとします。

第18条 準拠法・裁判管轄

  1. 本規約は、日本法に従って解釈されます。
  2. 事務局とユーザーとの紛争については、日本法を準拠法とし、訴額に応じて東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2019年12月1日 制定